老化というような様々な因子が集合すると

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によれば、毎日2カップよりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーに変えると、恐ろしい直腸癌の危険性を半分以上減らせたそうだ。

もしも血液検査でやはりエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも少なくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)と判明した場合は、不足している女性ホルモンを足してあげる医術などで治せます。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてスモーキング・アルコールの習慣・脂肪過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレスに縁って、近年日本人に多く発症している病気の一種です。

自分で外から見ただけでは折ったかどうか判別できない場合は、違和感のある部分にある骨を優しく指で触ってみて、その箇所に強い痛みが響けば骨折しているかもしれません。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もかかりやすい中耳炎で幼い子供に起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などが現れるのです。

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科処置ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」という二つの異なる技術がしきりに用いられています。

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常により起こる発疹で、皮脂の分泌が乱れる因子としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇等が考えられているのです。

人の耳の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類することができますが、この中耳の近くに黴菌やウィルスが付き、炎症ができたり、体液が滞留する症状が中耳炎というわけです。

結核をもたらす結核菌は、人間がゴホゴホと「咳」をすることで室内や外気に投げ出され、空気中にふわふわ流れているのを他の誰かが呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染していくのです。

アルコールをクラッキングする働きのあるナイアシンは、苦しい二日酔いに極めて有効です。嫌な二日酔いの因子とみられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に作用します。

学校など団体行動をする時に花粉症の為にクラスの皆と一緒に思いっ切り行動できないのは、子どもにとっても寂しいことです。

ちょっとした捻挫と決め込んで、冷湿布を貼って包帯やテーピングでとりあえず患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置を施してから一刻も早く整形外科でレントゲンを撮ることが、根治への近道に繋がります。

いんきんたむしは20代~30代の男の人症例が多く、基本的には股間部にのみ拡大し、激しく運動したり、お風呂に入った後など身体が熱くなった時に激しい掻痒感に苦しみます。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無効になってしまった後に売られ、新薬とまったく同じ成分で自己負担分が少ない(薬の代金が安価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

スマホ使用時の小さなちらつきを抑える効果のあるレンズの付いた専用メガネがいま最も人気を集めている理由は、疲れ目の低減に大勢の方が四苦八苦しているからだと考えられます。

くも膜下出血(SAH)は90%弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管が変形してできるコブが破れることが原因となってなってしまう深刻な病気だということを多くの人が知っています。

通常は水虫イコール足、中でも足の裏に発症する皮膚病だという認識が広まっていますが、白癬菌が感染する場所は決して足だけではないので、人の体ならどこにでもうつってしまうという恐れがあります。

体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに役立つ糖、新陳代謝に必須のタンパク質など、無理な痩身ではこれらのような体調をキープするために外せない栄養素までも減少させてしまっている。

黴菌やウィルスなど病気を発生させる微生物、即ち病原体が肺の中に侵入し発症してしまい、左右どちらかの肺が炎症を起こした状況を「肺炎」というのです。

鍼灸用の針を患部に刺してもらう、という直接的な程よい多数の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという通称の電気信号の伝達を招くと言われているのです。

年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、不眠、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が心身に現れます。

ちょっとした捻挫だと勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープなどで患部を固定し、様子を見るよりも、応急処置が終わったら少しでも早く整形外科医に診察してもらうことが、完治への近道だといえるのです。

年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさは少しずつ聴力が低下するものの、普通は還暦くらいまでは耳の悪さをはっきりと把握できません。

子供の耳管の特徴は、大人の耳管と比較して太くて短い形であり、またほぼ水平になっているため、細菌が入りやすいのです。幼い子供が急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関わっています。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みの制圧、様々な分泌物質の覚醒などを操作していて、大うつ病の患者はその作用が低減していることが広く知られるようになった。

吐血と喀血は口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出ることであり、吐血は十二指腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る病状を言い表しています。

食べ過ぎ、肥満、運動不足、遺伝、心身両面のストレス、老化というような様々な因子が集合すると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等の数値によって判断することができますが、近頃肝機能が衰えている現代人の数が明らかに増加傾向にあるということが注目されています。

男性の生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲン(男性ホルモン)がとても密に関連していて、前立腺に現れたガンも同じく、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの働きによって大きくなってしまいます。

基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で命を維持する(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要となる基礎的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

あわせて読むとおすすめ>>>>>はははのはを嘘から守るために

You Might Also Like